松風荘の歴史

皆様

アメリカ生誕の地、フィラデルフィア市郊外のフェアモント公園に松風荘という本格的な日本建築及び庭園がございます。建物は 安土桃山時代の書院造りを基本に、日本伝統建築の権威吉村順三氏により設計され、特別に木曾の国有林から切り出された檜を用いて、宮大工棟梁第十一代伊藤平左衛門氏が施工された本格的な和建築 (75坪)です。付属庭園は京都の庭師、六代目佐野旦済氏が設計された池泉鑑賞式の立派な日本庭園で、全北米にある三百余の日本庭園の中で三位にランキングされています。

松風荘は戦後間もない1954年に、日米の友好関係の再構築を願う官民あげての努力により日本市民からアメリカ市民への贈り物として、ニューヨーク近代美術館の中庭に建立されました。自然の材料の美しさ、単純な意匠、開放的な間取り、精密な手仕事等が高く評価され、1954―55年の二年間の展示期間中には、開館前から長蛇の列ができ、実に25万人近くの観客を動員しました。1954年11月には吉田首相も表敬訪問されています。

展示終了後1958年にフィラデルフィア市の現在地に移築されました。その後管理が不十分であったため廃屋化し、1976年の米国生誕200年祭にフィラデルフィア市長の依頼で日本の有志が資金を募り大修復を実施しました。誠に残念ながら、東山魁夷画伯の揮毫になる障壁画は全て損失し修復不可能でした。2007年には、世界を舞台に活躍されている日本画家、千住博画伯のご厚意により、障壁画20点を奉納していただく運びとなりました。画伯のお得意とする滝の絵が古色の出た松風荘と見事に調和し、和建築と現代日本画の組み合わせが、国境を越えた幽玄な空間を創造しています。米国東海岸御訪問の際には、是非松風荘を訪れ、日米昭和史の一頁を紐といて下さい。